オナ電大好きスケベ変態女はここで探そう

テレフォンセックスで真の欲求を満たす
テレフォンセックス(通称テレセ)は、完全な匿名で利用できます。どれだけ変態的な会話をしようと、発言者(自分)の正体が相手に知れることはありません。
つまりテレフォンセックスを活用すれば、パートナーにすら隠し通している本当の性癖、つまるところ真の欲求を満たすことが容易に叶うのです。
仮に、自分の正体を知る者(パートナー)に本当の性癖を暴露し、その上で性癖を満たせるプレイを要求したとしましょう。パートナーの反応は、実に様々です。
驚きつつも応じてくれる博愛精神に溢れる人もいれば、理解する努力を一切せず“変態”の烙印を押し遠ざかる人もいます。厄介なのは、こうした反応の予測が出来ない点です。優しかったパートナーが豹変し、罵詈雑言を叫びながらこちらを否定する…なんてことも十分にあり得ます。
しかしテレフォンセックスの中であれば、こうした心配はいりません。それどころか、堂々と性癖を暴露するこちらに対し興奮を覚え、より一層燃え上がる人が大半です。
パートナーとのセックスに満足出来ていない人はもちろん、風俗やソープよりも安価で性欲を満たしたい人にも、テレフォンセックスはおすすめです。性癖は隠すものではなく、暴露して満たすものです。騙されたと思って、ぜひ一度お試しください。きっと、リアルなセックスより楽しめます。

テレフォンセックスの今と昔

テレフォンセックス(通称テレセ)とは、会話を通じて性欲を満たすサービスです。電話越しにいやらしい言葉を交わして、お互いに絶頂を目指します。
基本的に、通話(電話)オンリーのサービスですが、昨今はテレビ電話機能やウェブカメラを活用した『ライブ映像配信』を売りにするサービスも登場しています。
ライブ映像配信を楽しむ場合は、カメラ機能が必須です。iPhoneやAndroidなどのスマートフォンは、本体付属の機器(機能)を使用出来ます。しかし、パソコンの場合は別途に機器を用意する必要があるのでご注意ください。
現在は、音声(または+映像)が基本のテレフォンセックスですが、今後どのように変化していくのか注目が集まっています。特筆すべきは、最新技術の『バーチャル・リアリティ(略称VR)』です。
もしかすると近い将来、VRを活用した『臨場感を得られる疑似的なセックス』を、テレフォンセックスのひとつとして楽しめる様になるかもしれません。
すでに技術自体は完成しているため、テレフォンセックスの利用者が増え、運営側が十分な資金を得ることが出来れば、可能性は十分にあります。もしもの話ですが、想像すると待ち遠しくてたまりません。
テレフォンセックスは癒しでもある
テレフォンセックス(通称テレセ)の楽しみ方は、人の数だけ存在します。一緒に自慰をしたいという人もいれば、リアルなセックスでは楽しめないシチュエーションを妄想で楽しみたいという人や、果てには癒し=カウンセリング目的の人もいます。
一般的なマナーとモラルを守れば、いずれの楽しみ方をしても問題はありません。どのように楽しんだらいいかわからない人は、まずノーマルなプレイから挑戦してみましょう。
テレフォンセックスは、専用ダイヤルにコールすることで24時間いつでも自由なタイミングで楽しめます。相手が見つからない・待たされるといったことは混雑時を除き滅多にありません。
進行のペースが分らない・口下手だから自信がない場合には、プロフィールページなどを参考に“中級者〜上級者”だろう人に目星を付け、手ほどきをお願いするのも有りです。その辺りが面倒くさい人は、思い切ってぶっつけ本番でいきましょう。意外となんとかなってしまうものです。
ある程度テレフォンセックスに慣れてきたら、自分がしたいプレイに付き合ってくれる相手を探してみましょう。生徒と教師・社長と秘書・マネージャーとコーチなど、役割とシチュエーションを決め、それに沿ったプレイなんかもオススメです。

ネットストーカーの脅威

テレフォンセックス(通称テレセ)を楽しむ際は、個人情報の取扱いに注意してください。何故なら、ネットストーカーは何処にでも存在し、常にターゲットを探しているためです。
あなたにとっては些細な情報でも、相手にとっては非常に美味しい(個人の特定が可能な)情報かもしれません。特に、SNSなどを利用している人ほど注意が必要です。
アップロード済みの記事・写真を、ネットストーカーは隅々までチェックします。彼ら彼女らは根気強く、熱狂的です。そのため、これらの内容から位置情報を特定することも容易です。ネットストーカー案件ではありませんが、過去には“車のボンネットに反射した背景”から個人特定に至ったケースもあります。
テレフォンセックスにて、やたらと情報を聞き出したがる相手に出会った場合は通話を続けるべきではありません。安全性を確保するため、まや利用料を無駄遣いしないためにも切断しましょう。
その後もしつこく絡んできた場合には、サービス提供サイトの運営に通報して構いません。ユーザーIDと迷惑内容を伝えれば、何かしらの対処を期待出来ます。可能であれば通話内容を録音して、証拠として提供しましょう。
テレフォンセックスに限らず、ネットストーカーにはくれぐれもご注意ください。交流に不要な情報は与えず、可能な限り匿名を貫きましょう。危ないと思った時には、すでに外堀を埋められている可能性があります。

リアルセックスとの違い

テレフォンセックス(通称テレセ)は、様々な点がリアルセックスと異なります。未経験の人は、下記も参考に是非とも利用をご検討下さい。

テレフォンセックスは24時間いつでもOK

サービス提供サイトのメンテナンス時間を除き、いつでも利用が可能です。早朝・日中・深夜の時間帯によって利用者の層は異なるため、求める刺激に応じて使い分けると完璧です。

パートナーの調達が容易

リアルセックスは、一般的な交流>異性交流>セックスという流れが必須です。しかしテレフォンセックスは、気になる利用者にコール>セックスと実にストレートです。

様々な妄想ができる

相手の容姿を妄想で補完することはもちろん、目を閉じて妄想に耽れば自分の容姿すら自在に変更可能です。同様に、シチュエーションも思いのまま変更できます。つまるところ、リアルセックスでは体験できないことが容易に叶うのです。

外出不要

電話が通じるところであれば、どこからでも利用できます。風俗やソープで遊ぶ場合はそれなりに身なりを整える必要がありますが、テレフォンセックスでは不要です。それこそ、全裸で挑んでも問題ありません。
リアルセックスのように直接的な快楽を得ることは出来ませんが、それを十分に補う楽しさがテレフォンセックスにはあります。また手軽であり、手っ取り早く性欲を満たすことが可能です。

ルール厳守で楽しくプレイ

テレフォンセックス(通称テレセ)の楽しみ方は、人それぞれです。自慰のおかずに利用する人もいれば、リアルなセックスでは楽しめないシチュエーションを試みる人や、既存のパートナーには隠している性癖を満たすために利用する人もいます。
このように、テレフォンセックスはどのような楽しみ方をしようが自由です。しかし『ルール』だけは厳守して下さい。お互いに楽しい時間を過ごすため、また無用なトラブルを避けるため、ルールの厳守は必須です。
テレフォンセックスの相手はバーチャルな存在ではなく、こちらと同じ『人』です。誰もが個性を持ち、プレイの中で相応の主張をします。
それを頭ごなしに否定したり、自分にとって嫌悪する事柄(性癖・プレイ内容)だからと感情のままに拒絶してはいけません。いずれの場合も言葉を選べば、事を荒立てずに場を鎮めることが出来ます。
テレフォンセックスの基本は、キャッチボールです。自分のお願いを一つ叶えてもらったら、相手のお願いも一つ叶えましょう。自分ばかり、相手ばかりが優位のプレイではいけません。それらは楽しめないだけでなく、ストレスが生じます。
自己中心的でなければ、どのような相手とも楽しむことが出来るでしょう。実のところテレフォンセックスは、楽しいだけでなくコミュニケーション能力を鍛えるのに打ってつけのサービスだったりします。